実は足の裏にも鍼灸治療できます

肩と背中と足の裏が凝ってしまって辛い!!!

という患者さんのご要望にお応えした、足裏鍼と全身治療の組み合わせです。
一点ものの高級ジュエリーを一人制作されてる方なので自分を追い込むプレッシャーも半端なく、手も肩も背中も腰も足も全身パンパンです。。このような症状を目の前にすると、さらに気合が入りますね!
このような状態の時は針を太くしないと効かないので、番手を上げてバチバチに治療させていただきます!
黒く見えるのは煙の出ないお灸です♨️
じんわりと温めて自律神経のスイッチを副交感神経優位に切り替えます。
ちなみに足の裏の筋肉は、体重を支える、歩くなど日常動作にほぼ欠かせない筋肉ですが、過度のストレスがかかるとパンパンに張ってしまい、疲労感が取れなくまでなると日常のパフォーマンスが劇的に低下してしまいます。
これはスポーツ選手などにも多い足底筋膜炎という診断になりますが、若い女性でもなる方はいらっしゃって、ひどくなると筋肉と骨の結合部に他のトゲ(骨棘)ができて歩く事自体しんどくなることもあります。

青竹踏みなどで足の裏の筋肉のマッサージをしていただき柔軟性が保てていれば問題ありませんが、緊急事態の場合はこのようにガス抜きする事も多々あります。

 

多少痛みがあるときもありますが、メチャ柔らかく、スッキリすることが多いです。

指圧や揉んでもどうしても取れない足の裏のコリなどはぜひご相談ください!

 

ちなみに昔はこの施術に強めの刺激を加えて気絶した方や意識不明になった方の覚醒にも使ったようです😱 Eさま撮影快諾いただきありがとうございました^^

関連記事

  1. 漢方を使ったコロナ治療に関する嬉しいニュースが東北大学からき…

  2. 腰痛治療 ~鍼の上にお灸をすえる~

  3. オフィスへの訪問治療

  4. 【マスク着用義務の解除についてのお知らせ】

  5. 年末年始一部休業のお知らせ