漢方を使ったコロナ治療に関する嬉しいニュースが東北大学からきました!

今回は二つの漢方薬がヒーローになってくれました!

・葛根湯:みなさまおなじみ

・小柴胡湯:免疫力を高めて元気になる

  +

・加桔梗石膏:のどの治療でよく出されます。扁桃炎扁桃周囲炎などののどの痛みや腫れをとる

 

葛根湯は、かぜのひきはじめや頭痛、肩こり、冷えの改善や睡眠前に飲むと朝がすっきり起きられる等、たくさんの効能があります。

続いて小柴胡湯加桔梗石膏:扁桃炎、扁桃周囲炎などによるのどの腫れや痛みに対して使用する漢方薬は、扁桃炎、扁桃周囲炎などによるのどの腫れや痛みに対して使用する漢方薬です。

 

まずは東北大学のプレスリリースから…

新型コロナウイルス感染症の急性期症状に漢方薬 漢方薬投与による発熱緩和、重症化抑制を確認
一次ソースはこちらです。

【発表のポイント】

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症~中等症Ⅰ患者を対象に、漢方薬の急性期症状緩和と重症化抑制効果について2つの研究で検討した。
  • 全国23施設共同の観察研究では、漢方薬非投与群と比較し、漢方薬投与群で呼吸不全への増悪リスクは有意に低かったことが示された。
  • 全国7施設共同ランダム化比較試験では、漢方薬『葛根湯注1と小柴胡湯加桔梗石膏注2』の投与により、発熱症状が早期に緩和されたこと、中等症Ⅰ患者では、漢方薬投与で呼吸不全への悪化が抑制傾向にあったことが示された。
  • COVID-19急性期治療において漢方薬は安全に使用でき、発熱緩和および重症化抑制に貢献できる可能性が示された。
図1:軽症・中等症のCOVID-19患者(疑い含む)の感冒様症状(発熱)に対する西洋薬、漢方薬治療による症状緩和までの日数。漢方薬投与の有無で群間に有意差はなかった。
ひとまず葛根湯は手に入りやすいので、上記以外にもなんだか熱っぽいし風邪ひきそうだな~であったり、寒い外にずっといて底冷えしてしまったな~というときに、予防的に飲んでいただけたら効果的です。

関連記事

  1. 2022年1月からクレジット決済がご利用いただけるようになり…

  2. 改装工事のお知らせ(9月2日追記あり)

  3. ホームページ、治療院をリニューアルしました。

  4. 手にやさしい消毒液

  5. 実は足の裏にも鍼灸治療できます

  6. 新型コロナウィルス感染症予防対策の取り組み